約8mの距離で撮れたキビタキ

木立の奥でさえずっているキビタキ、鳴き声はすれど姿は見えず。それほどの距離もないのに撮れないというのはつらいものです。30分以上待ったでしょうか、ようやくにしてシャッターを押せるところに出て来ました。それも8mほどの位置、4分程度同じ所に止まっていましたので堪能しました。
残念なことに尾に葉っぱがかぶってしまいました。三脚の位置を変えればよかったのですが飛び去るのが怖くてできませんでした。

↓ 撮影データ 5月24日 ISO1000 1/200S
Iso1000_1_200s

近くで撮れたオオアカゲラ

結構な頻度でオオアカゲラが立ち寄る木があって、順光になる位置にカメラをセットして待っていると、この日は数分のうちにオオアカゲラが止まりました。空抜けでイマイチな写真となりますが10m程度の距離でオオアカゲラが撮れる所はここ以外にはありません。
オオアカゲラだけでなくアオゲラも立ち寄ることもあります。

↓ 撮影データ 5月19日 ISO500 1/640S
Sp51900141