この秋初めてのチョウゲンボウ Common kestrel

ミサゴが飛び去った後、再びノビタキを探していると小型猛禽が飛んでいるのが目に入り、急いで撮影を始める。旋回、ホバリングをしてくれました。チョウゲンボウであるのは確かですが、下からの撮影ですのでオスメスの判別はしがたい。胸の縦斑の様子から幼鳥かもしれません。

↓ 撮影データ 9月27日 9:01 1/1000S SIO200Sp9270086001
↓ 撮影データ 9月27日  9:01 1/1000S ISO320Sp9270096001
↓ 撮影データ 9月27日  9:01 1/1000S ISO200Sp9270109001上記3画像すべて、ホバリングをしているところです。 

久しぶりのミサゴ Osprey

昨日のノビタキ撮影ポイントに出かけました。ノビタキを探していると湖上で旋回するトビらしき鳥を発見、確認するとミサゴでした。前回の撮影は2月22日。今日は久しぶりにミサゴに出会えましたが、残念なことに近くを飛んでくれませんでした。

↓ 撮影データ 9月27日 8:34 1/1000S ISO250Sp9270044001 

この秋初めてのモズ Bull-headed Shrike

モズが鳴いているのですが姿が見えず。しばらくすると見えるところに来てくれました。この秋初めて撮影したモズのオスです。

↓ 撮影日 9月26日 11:43 1/640S ISO320Sp9260295001 

この秋初めてのノビタキ Common Stonechat

モズの高鳴きもあちこちで聞こえるようになり、秋も深まっている気配。
そろそろノビタキも来ているころだと思い、出かけてところ大豆畑やその近くに冬羽のノビタキがおりました。

↓ 撮影日 9月26日 9:27 1/500S ISO200Sp9260064001
↓ 撮影日 9月26日  9:29 1/640S ISO250Sp9260110001
↓ 撮影日 9月26日  9:30 1/500S ISO320Sp9260133001
↓ 撮影日 9月26日  10:06 1/1250S ISO500Sp9260220001
秋の風情を感じるようなところには止まってくれませんでした。
春の渡りの時期の夏羽姿を見てみたいものです。

初見初撮りのコウノトリ Oriental Stork

コウノトリが飛来しているとのことで、今日はプチ遠征。昼過ぎに到着。すでに5名程度の方が先着されていました。
小さな川に多くの鮎が遡上しており、それを捕食するために川に降り立つとのことでした。

↓ 撮影データ 9月22日 12:36 1/2000S ISO800
たびたび上空を飛翔。真上を飛ぶこともありました。Sp9220049001
↓ 撮影データ 9月22日 12:58 1/2000S ISO320
一羽が降り立つと次々に川に降り立ちました。Sp9220152001
↓ 撮影データ 9月22日  12:58 1/2000S ISO640Sp9220170001
↓ 撮影データ 9月22日  12:59 1/2000S ISO250
飛翔シーンはピンボケ写真が大半。唯一うまく撮れたのがこれです。少しだけトリミングしてあります。Sp9220194002_2