ウソ Bullfinch

カメラを持って鳥探しをしているとウソが6羽ほどおりました。ウソ撮影の途中、あられが降り出しました。そのあられの降りがひどくなってきたので撮影を中断して帰宅。

↓ 撮影データ 2月27日 11:31 1/250S ISO1600Sp2270070001
↓ 撮影データ 同日  11:33 1/250S ISO1600Sp2270093001
↓ 撮影データ 同日  11:35 1/250S ISO2000Sp2270100001

(52) タゲリ Northen lapwing

20羽ほどのタゲリが水田に降り立っていました。今シーズン初撮りのタゲリ。

↓ 撮影データ 2月22日 10:40 1/640S ISO250
農道に停車。車から出ると飛び立つので窓を開けて車内からの撮影。Sp2220109001
↓ 撮影データ 同日 10:46 1/1250S ISO640Sp2220165001
↓ 撮影データ 同日 11:11 1/1000S ISO500
車外に出ると近くにいるタゲリは飛び立ち離れたところに移動。これより三脚を使っての撮影。飛びものに挑戦してみました。Sp2220242001
撮影データ 同日 11:11 1/1000S ISO200Sp2220247001

(51) チョウゲンボウ Common Kestrel

車で移動中に小型猛禽が飛ぶのが見え、農道に停車。電柱に止まるのはチョウゲンボウ。車の窓を開けて車内からの撮影となりました。飛出しシーンは撮影できず。

↓ 撮影データ 2月22日 9:59 1/1250S ISO800Sp2220018001_2
↓ 撮影データ 同日 10:10 1/1250S ISO1000
飛翔シーンに挑戦、やはりピントが甘い。BORGでの飛びもの撮影は難易度が高い。Sp2220035001

コミミズク Short-eared owl

ヒレンジャクの後、コミミズク撮影に移動。平日にもかかわらず百名を越すカメラマンがおられました。
到着は2時過ぎ、それから待つこと3時間。5時20分にようやくコミミズクが飛び始めました。飛翔シーンにも挑戦したのですが惨敗。

↓ 撮影データ 2月20日 17:34 1/200 ISO1600
トリミング無しです。
Sp2200404001
↓ 撮影データ 同日 17:37 1/200S ISO1600Sp2200448001

ヒレンジャク Japanese Waxwing

鳥友二人と同行してヒレンジャクの撮影に出かけました。先着カメラマンは5名程度。十数羽のヒレンジャクがヤドリギの黄色い実を食べておりました。

↓ 撮影データ 2月20日 10:41 1/400S ISO400Sp2200189001
↓ 撮影データ 同日  10:46 1/500S ISO400
尾の先のあざやかな赤がきれいに撮れました。Sp2200214001