ミソサザイ Eurasian wren

昨日からの晴天。いくつかの撮影ポイントを回って、最後はいつものミソサザイポイントへ。ミソ君はあいもかわらず元気にさえずっておりました。

↓ 撮影データ 4月23日 9:37 1/50S ISO1250 X-T1Sxt110014001
↓ 撮影データ 4月23日 10:45 1/500S ISO400 X-T1
同じところですが時間がたつと日差しが当たる様になります。
背景が日蔭になる位置に三脚を立てて撮影。このように日蔭の背景が真っ黒になります。Sxt110058001
↓ 撮影データ 同日 10:46 1/640S ISO400 X-T1
ステージに立つ歌手のような ミソサザイ。Sxt110081001_2

オオルリ Blue-and-white flycatcher

いつものミソサザイポイントの左脇道あたりでオオルリのさえずりが聞こえるので、その脇道を入って行くとオオルリを発見。近くに止まってくれました。
X-T1で撮影。フイルムシミュレーションはASTIA、シャープネスをハード、ノイズリダクションは弱に設定。

↓ 撮影データ 4月22日 12:27 1/125S ISO4000 X-T1
ISO4000ですが まあまあの写り。
Sdscf0516001_2

ミソサザイ Eurasian wren

4月17日から富士フィルム製X-T1を使い始めました。
暗いところのミソサザイを撮影してみてX-T1の高感度ノイズの少ないことに第一に気づきました。
解像感についてはいろいろと設定を替えて確認してみます。

↓ 撮影データ 4月18日 9:58 1/250S ISO6400 X-T1
ISO6400でこの写り。Xt1_iso6400

オオアカゲラ White-backed woodpecker

ミソサザイポイントから帰宅途中、林道脇に3台の車が駐車しており、その脇にカメラマン三名、いずれも顔なじみの鳥友。なにがいるのと尋ねればオオアカゲラとのこと。私も急いで準備をして撮影の仲間に入る。

↓ 撮影データ 4月18日 15:52 1/1000S ISO400 E-PM2Epm2_2
↓ 撮影データ 同日 15:58 1/640S ISO250 E-PM2Epm2_1

(73) 今シーズン初撮りのオオルリ Blue-and white flycatcher

梢にはオオルリ、足元にはスミレ。いよいよ夏鳥の季節が巡ってきました。
昨日に鳴き声が聞こえたあたりに今日も出かけてみました。車の窓を開けて林道をゆっくりと走っているとオオルリのさえずりが聞こえ、急ぎ停車して撮影準備。

↓ 撮影データ 4月18日 13:44 1/640S ISO800 X-T1Xt1_1
↓ 撮影データ 同日 13:54 1/400S ISO800 X-T1Xt1_2