二月末の春の日差し、キバシリとメジロを撮る

二月も末、今朝もキバシリ狙いで林道を愛車で登る。山に通いだしたら平均燃費が20.3Km/Lから19.8Km/Lに落ちた。

撮影地では耳を澄ませてキバシリの鳴き声を待つ。チィー、チリリのように聞こえる細い鳴き声。

↓ 撮影データ 2月28日 9:47 1/180S ISO1250Sxt110015001
↓ 撮影データ 同日 9:49 1/125S ISO800Sxt110033001

キバシリ撮影のあと、山を下って梅林へ移動、梅にメジロを撮る。
↓ 撮影データ 同日 12:28 1/500S ISO320
背景が暗くなるように撮影。Sxt110107001
↓ 撮影データ 同日 12:28 1/500S ISO200Sxt110111001

寒戻りの山寺でルリビタキのオスを撮る

きのうよりも冷え込みは穏やか、それでも氷が張る寒の戻り。
キバシリ撮影のつもりで来てみたのですが、姿を一度だけ見ただけ。キバシリの撮影はできずに終わりました。

↓ 撮影データ 2月26日 10:56 1/180S ISO1250
昨日と同様にルリビタキのオスがおりました。Sxt110036001
↓ 撮影データ 同日 11:31 1/180S ISO1250Sxt110080001

春の雨が降る中、愛車の窓よりチョウゲンボウを撮る

今日は朝から春の雨。愛車の窓にレンズ先端を載せ車内から撮影できるということで雨の中ですがチョウゲンボウ狙いで出かけました。農道をゆっくりと愛車を走らせながらチョウゲンボウを探す。

↓ 撮影データ 2月20日 10:04 1/500S ISO1000
チョウゲンボウのオスを発見。Sxt110152001
↓ 撮影データ 同日 10:18 1/500S ISO1600
別のところにメスもおりました。Sxt110187001