久しぶりの晴天。山でオオルリ、エゾビタキ、キビタキ雌、アオゲラ雄を撮る

良く晴れた今朝、林道へ愛車を走らせる。撮影地では鳥友T氏が先着。秋も深まり、厚手の長袖シャツでも肌寒い。

↓ 撮影データ 9月30日 7:30 1/1000s ISO320
オオルリ雄 若鳥。

Sdscf2038001
↓ 撮影データ 同日 7:53 1/1000s ISO1000
この木のてっぺんにエゾビタキが来るのを目撃。しばらく待つと予想通りに飛来。

Sdscf2085001
↓ 撮影データ 同日 8:03 1/2000s ISO1250
カメラ位置を変えて待つと、オオルリ雌も飛来。

Sdscf2123001

Sdscf2124001残念なことに左のオオルリがフレームアウト。

↓ 撮影データ 同日 8:04 1/2000s ISO1250
貴重なエゾビタキとオオルリ雌とのツーショット。

Sdscf2136001

↓ 撮影データ 同日 9:57 1/125s ISO400
少し離れた所へ移動。小鳥が飛翔しているのを発見し、しばらく待つとオオルリ雌が飛来。木の実を食べに繰り返し飛来する様子が観察できたので、ここで待つことにしました。

Sdscf2206001
↓ 撮影データ 同日 10:04 1/250s ISO1600
期待していたオオルリ雄も飛来。なかなか良いところに止まってくれない。

Sdscf2265001
↓ 撮影データ 同日 10:08 1/125s ISO800

Sdscf2318001
↓ 撮影データ 同日 11:04 1/125s ISO640
撮影者が驚かされたアオゲラ雄の到来。下記画像はトリミングなし。今までにない近さで撮影。

Sdscf2368001↓ 上画像を縦にトリミング。

Sdscf2368002
↓ 撮影データ 同日 11:27 1/125s ISO800
キビタキ雌。 雄は一度も来なかった。

Sdscf2467001

田んぼでタシギとケリを、公園でメボソムシクイ、コサメビタキを撮る

朝からの雨があがったので、まずはノビタキを探しに田んぼへ出かけたが、ノビタキの姿は見当たらず。稲刈りが終わった田んぼにタシギとケリがおりました。その後、公園に移動。

↓ 撮影データ 9月29日 8:32 1/250s ISO320
タシギ5羽。このほかにも2羽のタシギを確認。

Sdscf2014001
↓ 撮影データ 同日 8:54 1/500s ISO320
タシギと同じ田んぼにケリが4羽おりました。

Sdscf2045001

Sdscf2083001
↓ 撮影データ 同日 12:00 1/60s ISO500
メボソムシクイと思われる。

Sdscf2244001

Sdscf2250001
↓ 撮影データ 同日 13:08 1/125s ISO800
コサメビタキかサメビタキか、はっきりしない。

Sdscf2508001
↓撮影データ 同日 13:09 1/160s ISO1600

Sdscf2574001

賤ヶ岳で鷹の渡りを撮る

天候に恵まれなかった日々が続いており、ブログ更新が滞っておりました。
けさの天気予報は晴れとのことで、鳥友ともども遠征して賤ヶ岳まで鷹の渡りを撮影してきました。
営業開始の9時にリフトで山頂へ。こちらは猪子山とは違い三脚使用OK。山頂は広く、視界を遮る樹木も少ない。トイレも飲み物自販機も山頂にある。

↓ 山頂からオオワシで有名な山本山方面を望む。

Sdscf2502
↓ 撮影データ 9月25日 9:28 1/1000s ISO640
サシバ。

Sdscf2409001
↓ 撮影データ 同日 12:48 1/4000s ISO1000
ハチクマ。

Sdscf2600001
↓ 撮影データ 同日 13:00 1/1000s ISO200
鷹待ちの間に飛来したエゾビタキ。

Sdscf2648001
↓ 撮影データ 同日 13:32 1/1000s ISO500
エゾビタキ。

Sdscf2722001

二羽のカワセミ雛鳥を確認。

カワセミばかりで、ほかの野鳥はまだか、とのツッコミが出そうな今日この頃。今日もいつものカワセミ撮影。雛鳥二羽を確認。

↓ 撮影データ 9月17日 13:37 1/2000s ISO1000

Sdscf1672001
↓ 撮影データ 同日 14:22 1/2000s ISO2000
飛び込みの連続した画像。鮮明でない理由はピントが少し手前すぎるか、被写体ブレか。

Sdscf1790001

Sdscf1791001

Sdscf1792001

Sdscf1793001

Sdscf1794001
↓ 撮影データ 同日 14:19 1/2000s ISO320
ダイサギ、踊る。

Sdscf1742001