河川敷でハイタカ、いつもの場所で愛車で遊ぶジョウビタキ雌を撮る

鳥友からの情報で河川敷へ。目的の野鳥には出会えなかったがハイタカが飛んでくれました。
河川敷からいつもの場所へ移動すると、駐車してある私の車でジョウビタキ雌が長いこと遊んでくれました。

↓ 撮影データ 10月31日 8:38 1/2000s ISO200
視線の先の道路に影が流れるのを見、上方に目をやると私の真上で旋回する猛禽を発見。レンズが真上に向かないので撮影できずに終わり、流れて行ったところでようやく撮影可能になる。
ハイタカだと思います。パソコンで明るさを修正しました。

Sdscf2075001
↓ 撮影データ 同日 13:05 1/2000s ISO2500
窓ガラスに写る自分の姿に攻撃するジョウビタキ雌。以下、連続した画像。

Sdscf2189001

Sdscf2190001

Sdscf2191001

Sdscf2192001

Sdscf2193001
↓ 撮影データ 同日 13:07 1/2000s ISO1600

Sdscf2253001
↓ 撮影データ 同日 13:11 1/2000s ISO3200

Sdscf2412001
↓ 撮影データ 同日 13:19 1/500s ISO400
サイドミラーにも。

Sdscf2748001
↓ 撮影データ 同日 13:50 1/2000s ISO1250

Sdscf3349001
↓ 撮影データ 同日 13:55 1/2000s ISO1250

Sdscf3384001
↓ 撮影データ 同日 13:27 1/2000s ISO1000
フロントガラスでも。

Sdscf2851001

いつもの場所でアオジ、ジョウビタキ雌を撮る

晴天の日曜日、マイフィールドに野鳥愛好家が集まる。
アオジ、ジョウビタキ雌のほかには、これといった冬鳥は飛来せず。

↓ 撮影データ 10月30日 12:25 1/250s ISO640

Sdscf2256001
↓ 撮影データ 同日 12:32 1/250s ISO200

Sdscf2316001
↓ 撮影データ 同日 15:04 1/500s ISO250

Sdscf2533001

複数羽のジョウビタキ雌を見る

いつもの撮影地に出向くとジョウビタキの雌3羽、もしかすると2羽だったかもしれませんが、複数羽を確認。ここに落ち着くのか、別のところへ移動するのか?
期待していたムギマキは確認できず。

↓ 撮影データ 10月28日 8:34 1/125s ISO640
ホオジロ雌。

Sdscf2044001_2

↓ 撮影データ 同日 10:58 1/250s ISO1000

Sdscf2127001_2

 

秋深し。アオジ、シメ、ジョウビタキ、驚きのムギマキを撮る

秋が深まり、種々の冬鳥を目にする頃となりました。
今日はアオジ、今シーズン初のシメ、先日来のジョウビタキを撮る。
秋の渡り途中のムギマキが目前に飛来し、懸命に撮影。

↓ 撮影データ 10月27日 7:46 1/125s ISO320
アオジ、昨日が今シーズンの初見。綺麗に撮れたので拡大トリミング。

Sdscf2051001_9

↓ 撮影データ 同日 7:48 1/125s ISO200
今シーズン初見初撮りのシメ。水場にやってきました。

Sdscf2058001_2

↓ 撮影データ 同日 11:14 1/500s ISO320
ジョウビタキの雄。

Sdscf2155001_2

↓ 撮影データ 同日 11:15 1/500s ISO200
ジョウビタキ雄と入れ替わりにやって来たムギマキ。雌と思われる。
先のノゴマも然り、決定的瞬間はいつも何かがかぶって全身が見えない。

Sdscf2164001_2

ジョウビタキの雄と雌を撮る

今日も先日来のキビタキ撮影地に出かけました。
キビタキの雄は一度も現れず。雌も一度だけでした。大半がこの地を離れたようです。
ジョウビタキの雄と雌がやってきましたが、それぞれ一度だけ。雌は水浴びと羽繕いをし、近くで撮影できました。

=注意=
画像をクリックしたときの画像表示が不調です。

↓ 撮影データ 10月26日 12:11 1/125s ISO200

Sdscf2114001_2


↓ 撮影データ 同日 13:39 1/250s ISO500
水浴び後の羽繕いしているところ。

Sdscf2224001_2

Sdscf2238001_2