コスモスノビタキに再チャレンジ

昨日と同じ所に出かけ、コスモスノビタキに再挑戦をする。爽やかな秋風にコスモスも揺れておりました。
8時過ぎから11時過ぎまでノビタキの飛来を待ち、近くには来るのだが、コスモスの上に止まったのは5回ほど。
ノビタキを待っている間にチョウゲンボウとチュウヒが飛ぶも撮影は失敗に終わった。

↓ 撮影データ 10月7日 9:02 1/2000s ISO800

Sdscf2134001
↓ 撮影データ 同日 9:20 1/2000s ISO1600
逆光でしたので露出補正を+2にして撮影。

Sdscf2215002

↓ 撮影データ 同日 9:22 1/2000s ISO1000
手前側に止まってよと叫びたくなる。

Sdscf2238001_2
↓ 撮影データ 同日 10:21 1/1000s ISO250
止まった場所はOK、いかんせん遠い。

Sdscf2349001

カッコウ、ツツドリ、ホトトギスの区別がつきません

同じ所に毛虫を食べに三羽のツツドリらしき野鳥がおりました。撮った画像を比べてみると腹部の横斑数に違いがあります。

↓ 撮影データ 10月6日 11:36 1/250s ISO2000

Sdscf2209001
↓ 撮影データ 同日 11:37 1/250s ISO2500

Sdscf2245001
どなたかご教授願えませんでしょうか。

posted by 琢たく at 18:56Comment(0)未分類

コスモスノビタキを撮るもイマイチの結果

コスモス畑が集落の近くにひとつだけあって、そのコスモス畑にノビタキが飛来していないか先日来から気になっておりましたので、今日立ち寄ってみました。

↓ 撮影データ 10月6日 8:45 1/2000s ISO640
100mほど離れたところにノビタキが複数羽おりましたので期待して待っていると飛来しました。

Sdscf2074001
↓ 撮影データ 同日 8:46 1/2000s ISO640
顔が見えません。

Sdscf2088001

天候が荒れる前にツツドリ、ノビタキを撮る

台風により午後より天候が荒れるとの予報、天気が崩れない午前中に出かけた。

↓ 撮影データ 10月5日 7:07 1/125s ISO500
ツツドリ二羽、いまだ居残っています。

Sdscf2157001
↓ 撮影データ 同日 7:12 1/125s ISO1000
何も被らない。
何も遮らない。

Sdscf2221001
↓ 撮影データ 同日 8:30 1/250s ISO200
田んぼへ移動しノビタキを探す。4羽を確認。

Sdscf2318001

ノビタキの個体数が増え、撮りやすくなる

まずまずの天候、公園でエゾビタキ。田んぼへ移動し、愛車で農道を流してノビタキを探す。

↓ 撮影データ 10月4日 7:43 1/125s ISO1250
エゾビタキ。

Sdscf2003001
↓ 撮影データ 同日 9:42 1/500s ISO640
近づくと飛び去るので、今日は車中からの撮影としました。

Sdscf2120001

Sdscf2126001
撮影データ 同日 10:02 1/500s ISO500
秋色、ノビタキ。

Sdscf2178001
↓ 撮影データ 同日 10:15 1/2500s ISO2500
うまく飛び出しが撮れました。

Sdscf2257001

Sdscf2259001
↓ 撮影データ 同日 10:31 1/500s ISO400
ヒバリが近くで。愛車の窓からレンズを突き出しての撮影。

Sdscf2285001