秋深し。再びムギマキを撮る

紅葉のニュースがTVで報じられるこの頃、秋も深まっています。
10月27日にムギマキを撮影した場所へ行ってみたところ、ムギマキのメス1羽、幼鳥1羽がおりました。

↓ 撮影データ 11月4日 11:43 1/250s ISO200
奥でときおり姿が見えていたムギマキが手前に飛来。あわてたのでピントが少し奥に合っているような感じがする。

Sdscf3101001

川原でハヤブサ、ノスリ、チョウゲンボウを。その後、シメ、ジョウビタキを撮る

けさも早起き、6:30に撮影地に到着。アリスイの鳴き声を聞くも姿は見えず。今日はハヤブサ、ノスリ、チョウゲンボウを撮影。河原から移動した後、シメと近距離のジョウビタキを撮る。

↓ 撮影データ 11月3日 9:15 1/4000s ISO1250
ハヤブサ成鳥。

Sdscf3162001

Sdscf3190001
↓ 撮影データ 同日 9:56 1/4000s ISO1000
青空背景のノスリ。

Sdscf3320001

Sdscf3359001
↓ 撮影データ 同日 10:28 1/4000s ISO1000
車へ戻る途中にチョウゲンボウがホバリング。オスの成鳥。

Sdscf3517001

Sdscf3530001
↓ 撮影データ 同日 11:18 1/125s ISO250
車を止めると必ずやってくるジョウビタキ雌。最短撮影距離、トリミング無し。

Sdscf3599001
↓ 撮影データ 同日 11:35 1/125s ISO500
雌のシメ。

Sdscf3679001

ハヤブサ幼鳥と3日目にしてアリスイを撮る

ハヤブサとアリスイを狙って、けさは早起きして出かける。6時半には撮影地に到着。

↓ 撮影データ 11月2日 6:30 1/320s ISO320
ハヤブサ幼鳥が鉄塔に。

Sdscf3001001
↓ 撮影データ 同日 7:56 1/1000s ISO320
ようやくにして鳴き声が。写りはさておき、なんとかアリスイを撮影できました。

Sdscf3143001
↓ 撮影データ 同日 8:00 1/1000s ISO400

Sdscf3230001
↓ 撮影データ 同日 9:01 1/5000s ISO800

Sdscf3295001

鉄塔にハヤブサ、堰堤でクサシギを撮る

昨日と同じ河川敷に出向く。ハヤブサの止まりものを撮影。ノスリが飛ぶもうまく撮れなかった。河川敷からいつものマイフィールドに移動して、アトリとウグイスを撮る。

↓ 撮影データ 11月1日 8:11 1/500s ISO200
三脚をかついで歩道を歩いていくと猛禽が飛ぶのを目撃。近くの鉄塔に止まるのを確認し、レンズを向けるとハヤブサ。

Sdscf3010001
↓ 撮影データ 同日 10:07 1/1000s ISO250
クサシギ。

Sdscf3357001
↓ 撮影データ 同日 10:10 1/1000s ISO400
クサシギ、上と同じ個体。

Sdscf3480001
↓ 撮影データ 同日 10:17 1/1000s ISO250
堰堤の端、今にも流されそう。

Sdscf3620001
↓ 撮影データ 同日 11:41 1/500s ISO250
アトリ。静かにしていると近くに降り立った。

Sdscf3708001
↓ 撮影データ 同日 12:05 1/500s ISO1000
ウグイス。ピントはイマイチだが、構図が私好み。

Sdscf3812001