いつもの山でオオルリとキビタキを撮る

天気も良く、行楽日和の今日でしたが、鳥撮影人の私にとっては光線の強い晴れでなく、薄日が差した曇りの方が都合が良いです。きょうの撮影も光があったオオルリやキビタキ撮影では露出調整の難易度があがります。

↓ 撮影データ 4月30日 9:04 1/125s ISO1600
キビタキその1。
1a-ADSCF1005.jpg
↓ 撮影データ 同日 9:20 1/125s ISO2000
キビタキその2。
1a-ADSCF1022.jpg
↓ 撮影データ 同日 10:00 1/250s ISO2000
キビタキその3。
1a-ADSCF1060.jpg
↓ 撮影データ 同日 9:51 1/250s ISO500
良いところには出てくれなかったオオルリ。
1a-ADSCF1054.jpg
posted by 琢たく at 17:05Comment(0)未分類

オオアカゲラ繁殖のまとめ

オオアカゲラの巣穴堀り、交尾、給餌、そして巣立ちまでの様子をまとめてみました。

↓ 3月3日 巣穴堀りを初めて確認。巣穴の準備は雄がするようです。
s-DSCF9170-001.jpg
↓ 3月4日 交尾シーンを撮影。
s-DSCF9547-001.jpg
↓ 3月9日 ほぼ巣穴が完成した模様。
s-DSCF9110-001.jpg
↓ 4月6日 雄、雌ともに餌運び。
1a-ADSCF0480.jpg
↓ 4月21日 雌が巣穴で雄の来るのを待っており、雄が飛来すると巣穴から飛び出るところを撮影できました。
1a-ADSCF1083.jpg
↓ 4月28日 雛が巣穴から頭を出すところを初めて確認。「幼鳥は頭頂が暗赤色で覆われる」との記載があるところから、この時期には雌雄の区別ができないのかも。
1a-ADSCF1224.jpg
↓ 4月29日 雄が餌を持ってくるが雛は現れず。雄はそのまま飛び去る。雛は巣穴にはいないようで巣立ったようだ。
1a-ADSCF1132.jpg
posted by 琢たく at 18:55Comment(0)未分類

いつもの山でオオルリ雄とアオゲラ雄を撮る

世の中はGWが始まりました。サンデー毎日の私にとっては通常の一日。渋滞の激しい高速道路や観光地方面は避けて、近場で野鳥撮影を楽しむ予定です。
さて、今日も山に入ってオオルリ撮影。

↓ 撮影データ 4月29日 9:53 1/500s ISO400
10時前までオオルリのさえずりは聞こえませんでした。
1a-ADSCF1066.jpg
↓ 撮影データ 同日 13:04 1/150s ISO1000
二回目にさえずったのは1時過ぎ。枝がかぶりました。
1a-ADSCF1238.jpg

↓ 撮影データ 同日 12:40 1/60s ISO640
鳴き声は得聞こえるのですが、なかなか姿を見せないアオゲラ雄。1a-ADSCF1178.jpg
↓ 撮影データ 同日 13:19 1/200s ISO500
いまだ巣穴を掘っています。
1a-ADSCF1277.jpg
posted by 琢たく at 18:22Comment(0)未分類

待ちに待ったオオルリが飛来

4月18日に今季初のオオルリを撮影しましたが、それ以降はときおりさえずりを聞くだけでした。今日になってようやく通い詰めている山に飛来。お昼前でしたか、さえずりが聞こえだしたのは。

↓ 撮影データ 4月28日 12:28 1/125s ISO1000
1a-ADSCF1051.jpg
↓ 撮影データ 同日 12:40 1/60s ISO400
1a-ADSCF1120.jpg
↓ 撮影データ 同日 12:42 1/125s ISO800
1a-ADSCF1172.jpg
↓ 撮影データ 同日 12:58 1/60s ISO400
1a-ADSCF1214.jpg
posted by 琢たく at 20:23Comment(0)未分類

青葉若葉の山でコサメビタキ、キビタキ、ミソサザイを撮る

青葉若葉を爽やかな風が揺らす。そんな山に入って夏鳥を探す。ツツドリのさえずりが遠くで聞こえました。
キビタキのさえずりは複数個所で聞こえたのですが、撮影できずに立ち去ることもありました。

↓ 撮影データ 4月27日 8:22 1/250s ISO500
コサメビタキ。横と縦、両方でトリミングしてみました。
1a-ADSCF1013.jpg1a-ADSCF1014.jpg

↓ 撮影データ 同日 9:51 1/125s ISO800
直射日光が当たると趣のある絵にはなりません。
1a-ADSCF1158.jpg
↓ 撮影データ 同日 9:56 1/125s ISO2000
1a-ADSCF1197.jpg

↓ 撮影データ 同日 10:14 1/125s ISO1250
苔むした倒木にミソサザイ。周囲の状況を大切にしてトリミングしすぎないようにしました。1a-ADSCF1233.jpg

↓ 撮影データ 同日 10:50 1/125s ISO25001a-ADSCF1261.jpg
↓ 撮影データ 同日 10:51 1/60s ISO2000
雄現れてからすぐに雌もやってきた。1a-ADSCF1286.jpg




posted by 琢たく at 18:33Comment(0)未分類