サンコウチョウを撮る その9

チュウヒ撮影のあと、山へ移動してサンコウチョウを撮る。

↓ 撮影データ 5月29日 10:13 1/125s ISO1250 露出補正+0.3
林道脇に止まる。この後、2時間ほど粘ってみるも撮影チャンスは無し。
1a-ADSCF2514.jpg
posted by 琢たく at 19:04Comment(0)未分類

営巣地でチュウヒを撮る

鳥友二人が営巣地でチュウヒを撮影したとのこと。私もつられて今朝その営巣地まで出かけました。
6時半ごろに到着、先着カメラマンは5名。撤収する9時過ぎまでの3時間でオスからメスへの餌渡しの撮影チャンスは2回。2回ともピントを外してしまう。

↓ 撮影データ 5月29日 7:35 1/4000s ISO1250 露出補正+1.3
距離もある、背中向き、ピントも甘い餌渡しの証拠写真
1a-ADSCF2087.jpg
↓ 撮影データ 同日 7:42 1/2000s ISO800 露出補正+1.3
巣を補修するためにか、メスが巣材を運ぶ。
1a-ADSCF2191.jpg
↓ 撮影データ 同日 8:46 1/1000s ISO400 露出補正+1.0
ISO感度を下げるためシャッタースピードを1/1000sに下げて挑戦。
雄が上空を旋回する。
1a-ADSCF2416.jpg
↓ 撮影データ 同日 9:11 1/1000s ISO320 露出補正+0.7
30mほど移動してメスが巣に降り立つところを撮影。
以下連続した画像。
1a-ADSCF2500.jpg
1a-ADSCF2501.jpg
posted by 琢たく at 18:50Comment(0)未分類