この秋初めてのチョウゲンボウ Common kestrel

ミサゴが飛び去った後、再びノビタキを探していると小型猛禽が飛んでいるのが目に入り、急いで撮影を始める。旋回、ホバリングをしてくれました。チョウゲンボウであるのは確かですが、下からの撮影ですのでオスメスの判別はしがたい。胸の縦斑の様子から幼鳥かもしれません。

↓ 撮影データ 9月27日 9:01 1/1000S SIO200Sp9270086001
↓ 撮影データ 9月27日  9:01 1/1000S ISO320Sp9270096001
↓ 撮影データ 9月27日  9:01 1/1000S ISO200Sp9270109001上記3画像すべて、ホバリングをしているところです。 

この記事へのコメント