X-T2の高感度ノイズと解像感の比較をコゲラとキビタキで試す

X-T2を導入して1か月半。コゲラとキビタキが同じ所に長くとどまっていたのでISO感度を変化させ、高感度ノイズの出かたと解像感を比較してみました。

使用レンズはBORG 89ED (焦点距離600mm F6.7)
X-T2の設定は
 ISO感度はオートに設定、シャッタースピードを変化させる
 WBはオート、シャープネスは+4(最強)、ノイズリダクションは-2(弱)
 ダイナミックレンジは100%、フイルムシミュレーションはPROVIA

羽毛のくっきり感や背景のザラツキ感の違いに注目。

コゲラを撮影しての比較
 ↓ トリミング前の画像。

Sdscf2100002

Sdscf2100001_2

Sdscf2103001

Sdscf2107001

Sdscf2110001

Sdscf2114001_3

Sdscf2116001
キビタキ雄を撮影しての比較
 ↓ トリミング前の画像。このサイズから大きくトリミングして比較してみました。

Sdscf2195002

Sdscf2195001

Sdscf2209001

Sdscf2213001

Sdscf2216001

Sdscf2219001

この記事へのコメント