琴弾鳥とも呼ばれるウソを山の公園で撮る

霜が降りていた朝、山寺へ向かう。ルリビタキのオスがおりました。

↓ 撮影データ 2月18日 11:37 1/250S ISO1000Sxt110027001
↓ 撮影データ 同日 11:47 1/180S ISO800Sxt110039001
ルリビタキをひとしきり撮影したあと、林道を下ってウソを求めて山の公園に移動。しばらく待っているとウソが飛来。

↓ 撮影データ 同日 14:17 1/250S ISO640
日陰のウソ、背景は日差しで明るい。露出調整に苦労する。Sxt110186001
↓ 撮影データ 同日 14:30 1/250S ISO640
手前がメス、奥がオス。Sxt110259001
↓ 撮影データ 同日 14:35 1/250S ISO1000Sxt110301001
↓ 撮影データ 同日 14:39 1/180S ISO640Sxt110340001

小雪ときどき舞う山の公園でウソを撮る

日差しがあるにもかかわらず山の気温は低かった。雪雲が通り過ぎるたびに雪が舞い始める中、桜の花芽を食べるウソを狙う。小枝かぶりに苦労、また高いところにいることが多いので見上げる写真が多かった中、良いのを選択してブログ掲載。

↓ 撮影データ 2月7日 12:08 1/250S ISO400Sxt111181001
↓ 撮影データ 同日 12:43 1/500S ISO1000Sxt111267001
↓ 撮影データ 同日 12:49 1/500S ISO800Sxt111310001
↓ 撮影データ 同日 12:53 1/500S ISO250Sxt111351001
↓ 撮影データ 同日 12:56 1/500S ISO320Sxt111416001

午前中のみの撮影 メジロとウソ、いずれもイマイチ

今日は午前中のみの撮影、しかも気に入った写真が撮れなかった。良い出会いがあるよう、明日に期待しましょう。

↓ 撮影データ 1月14日 8:55 1/500S ISO3200
フィルムシュミレーションVelviaで撮影。
花と野鳥、華やかな写真になるのだが、今回のはイマイチの出来。Sxt110053001
↓ 撮影データ 同日 10:18 1/180S ISO1250
ウソのオスが一羽だけおりました。枝かぶりでイマイチ。Sxt110096001