いつもの場所でアオジ、ジョウビタキ雌を撮る

晴天の日曜日、マイフィールドに野鳥愛好家が集まる。
アオジ、ジョウビタキ雌のほかには、これといった冬鳥は飛来せず。

↓ 撮影データ 10月30日 12:25 1/250s ISO640

Sdscf2256001
↓ 撮影データ 同日 12:32 1/250s ISO200

Sdscf2316001
↓ 撮影データ 同日 15:04 1/500s ISO250

Sdscf2533001

秋深し。アオジ、シメ、ジョウビタキ、驚きのムギマキを撮る

秋が深まり、種々の冬鳥を目にする頃となりました。
今日はアオジ、今シーズン初のシメ、先日来のジョウビタキを撮る。
秋の渡り途中のムギマキが目前に飛来し、懸命に撮影。

↓ 撮影データ 10月27日 7:46 1/125s ISO320
アオジ、昨日が今シーズンの初見。綺麗に撮れたので拡大トリミング。

Sdscf2051001_9

↓ 撮影データ 同日 7:48 1/125s ISO200
今シーズン初見初撮りのシメ。水場にやってきました。

Sdscf2058001_2

↓ 撮影データ 同日 11:14 1/500s ISO320
ジョウビタキの雄。

Sdscf2155001_2

↓ 撮影データ 同日 11:15 1/500s ISO200
ジョウビタキ雄と入れ替わりにやって来たムギマキ。雌と思われる。
先のノゴマも然り、決定的瞬間はいつも何かがかぶって全身が見えない。

Sdscf2164001_2

花の雨の翌日に桜アオジを撮る

昨日は花の雨。オオルリが飛来しているとの情報も各地から届いており、淡い期待を抱いて桜も散り始めている公園に出かけてみましたが、オオルリの姿は見えず。

↓ 撮影データ 4月8日 7:32 1/180S ISO320
地上にいたアオジが桜の木に止まりました。桜がらみは華やいで見えます。Sxt110014001