今シーズン初のジョウビタキ雄や寒桜シジュカラなどを撮る

最低気温が低くなってきている今日この頃。今までよりも厚着して再度のノゴマを期待して昨日と同じ所に出かける。

↓ 撮影データ 10月14日 10:02
寒桜が咲いており、朝一は寒桜+野鳥を狙う。やってきたのはシジュウカラのみ。

Sdscf2017001
↓ 撮影データ 同日 10:40 1/250s ISO320
コサメビタキ。

Sdscf2121001
↓ 撮影データ 同日 10:32 1/500s ISO500
今シーズン初のジョウビタキ雄。

Sdscf2086001
↓ 撮影データ 同日 11:41 1/500s ISO200
撮影失敗。かなりアンダーになり、パソコンで明るくするとクロツグミ、色が薄いので若鳥か。

Sdscf2138001
↓ 撮影データ 同日 12:21 1./500s ISO400
ツツドリ二羽健在。

Sdscf2202001
↓ 撮影データ 同日 14:32 1/125s ISO320

Sdscf2253001

クロツグミ Japanese Thrush

クロツグミもやってきました。全身を見せてくれません。

↓ 撮影データ 9月26日 11:00 1/180S ISO640 X-T1Sxt110057001
このアカメガシワの木、林道のすぐ脇にあり、日当たりが良く、そして野鳥の飛来頻度も高く、また野鳥が水平方向で撮影できる、という最良の撮影ポイント。

クロツグミ幼鳥 Japanese Thrush

林道に車を止め、尾根へ続く小道を登っていくと複数の鳥が地面から飛び上がるのが見え、その場で待っていると奥の方に舞い降りる。確認するとクロツグミ幼鳥。

↓ 撮影データ 7月26日 7:18 1/125S ISO8000 X-T1Sxt110053001