抱卵中のカンムリカイツブリと雛を載せたカンムリカイツブリ

抱卵中のカンムリカイツブリの様子を見に行ってきました。浮巣の位置が変わっていたのですが、いまだ抱卵中。
これより200mほど下流に別のつがいがおりました。最初は二羽が連れ立って泳いでいるだけと思っておりましたが、なんと一羽が雛を載せておりました。

↓ 撮影データ 5月20日 12:14 1/1000S ISO400
まずは抱卵中のカンムリカイツブリ。あと一週間もすれば孵化すると思います。

Sxt110225001
↓ 撮影データ 同日 12:34 1/1000S ISO100
雛の頭が見えています。

Sxt110417001_2


↓ 撮影データ 同日 12:35 1/1000S ISO250

Sxt110471001

カンムリカイツブリ Great crested grebe

野鳥センター前には大勢のカモの中に混じってカンムリカイツブリも。
突然、飛び立つ前の助走を始め、レンズを向けて撮影するも、ピントが甘い、露出補正がオーバーの失敗作ですが、こんなシーンを撮ったことが無いのでブログに掲載します。

↓ 撮影データ 11月1日 12:03 1/1000S ISO400 X-T1Sxt110236001

カンムリカイツブリの親子 Great crested grebe

カンムリカイツブリの親子がおりました。
「雛は孵化してから約2週間は親鳥の背に乗ることが多く...」これを期待して出かけましたが、時期すでに遅く雛は自力で泳いでおりました。

↓ 撮影データ 6月21日 13:03 1/2000S ISO640 X-T1
雛鳥は一羽だけでした。
Sxt110021001
↓ 撮影データ 同日 13:04 1/2000S ISO640 X-T1
白黒の縦縞が可愛い雛と夏羽の親Sxt110030001