6)チョウゲンボウ Common Kestrel

10月に入ってからチョウゲンボウをよく見かけ、ブログに掲載する機会が多いので記事タイトルに番号をふることにしました。
haguredoriさんの案内でノビタキ撮影に豆畑に。ここでもチョウゲンボウがおりホバリングをしてくれました。幼鳥もしくはメス。成鳥オスに出会いたいものです。

↓ 撮影データ 10月9日 10:47 1/2000S ISO400 X-T1
パソコンで明るさ調整をしています。ホバリングはこちら向きで良し、バックが青空だったらなお良かったのに。Sxt110021001

5)チョウゲンボウ Common Kestrel

昨日に撮影した工場にいたチョウゲンボウの様子をうかがってきました。
到着したときにはチョウゲンボウの姿は見えなかったのですが、およそ40分程度待ったころに戻ってきました。少しだけ止まったあと、工場の近くを旋回するように飛び、そののち、いずこかへ飛び去りました。

↓ 撮影データ 10月8日 7:47 1/2000S ISO640 X-T1Sxt110008001↓ トリミング範囲を示した元画像Photo

4)チョウゲンボウ Common Kestrel

10月になって以来、チョウゲンボウと出会う機会が増えています。ノビタキがいる豆畑周辺の田んぼにチョウゲンボウが飛来することが多いので、ノビタキ撮影がいつの間にかチョウゲンボウ撮影に切り替わってしまいます。

↓ 撮影データ 10月7日 12:09 1/500S ISO160 X-T1
堤防で鳥見をしていると200mほど向こうで飛ぶ姿があり、三脚かついで急ぐ。
人工物に止まっていることが多いのですが、今回は木に。Sxt110046001
↓ 撮影データ 同日 12:10 1/500S ISO200 X-T1
シャッタースピードが止まり物のままの1/500Sで少しばかりブレているのか?
木から飛び上がったあとの連写。顔の向きがこちら側に。Sxt110056001

Sxt110059001_2
↓ 撮影データ 同日 14:21 1/1000S ISO200 X-T1
帰宅途中に寄ったカワセミ撮影地にて。川向こうの工場にチョウゲンボウが。先週にここで見たのと同じ個体か。Sxt110074001