河川敷でチョウゲンボウとオオタカを撮る

アリスイに出会いたくて河川敷に出かけましたが、けさもアリスイには出会えず。代わりにチョウゲンボウとオオタカが河川敷上空で旋回する。

↓ 撮影データ 11月6日 7:55 1/2000s ISO1000
チョウゲンボウの雌。

Sdscf4087001

Sdscf4092001
↓ 撮影データ 同日 8:13 1/2000s ISO1250
オオタカかハイタカのどちらかのようですが、オオタカと判定しました。

Sdscf4178001
↓ 撮影データ 同日 10:53 1/2000s ISO320
最短撮影距離での撮影でトリミング無し。

Sdscf4189001

遠征してオオタカの巣立ち雛を撮る

鳥友に誘われてオオタカの巣立ち雛の撮影に出かけました。前回は5月21日、小さく白い産毛の雛でしたが、今日見た雛は巣立っており、ときおり巣近くを飛翔、遠くへは飛んでいかない様子。まだ自力では餌を捕れない感じでした。確認できたのは雛鳥二羽。朝に親鳥が来たそうですが私たちがいた9時過ぎから撤収する1時過ぎの間には一度も親鳥はやってこなかった。

↓ 撮影データ 7月1日 10:03 1/1000S ISO1000
パソコンで明るさを調整。雛鳥の飛翔シーン。
以下連続した画像。

Sxt111143001

Sxt111144001
↓ 撮影データ 同日 12:43 1/1000S ISO2000

Sxt111570001

Sxt111572001
↓ 撮影データ 同日 13:04 1/250S ISO800
鳥までの距離およそ50m。

Sxt111679001

遠征して子育て中のオオタカを撮る

鳥友に誘われて子育て中のオオタカ撮影に出かける。
撮影地の堤防にはすでにカメラマン30名ほどがおり、枝かぶりが避けられる位置に三脚を据えている。
白い産毛の雛の頭が見え隠れするも前かぶりして、うまく撮影できず。

↓ 撮影データ 5月21日 11:09 1/500S ISO320

Sxt110076001
↓ 撮影データ 同日 12:14 1/500S ISO400

Sxt110397001