賤ヶ岳で鷹の渡りを撮る

天候に恵まれなかった日々が続いており、ブログ更新が滞っておりました。
けさの天気予報は晴れとのことで、鳥友ともども遠征して賤ヶ岳まで鷹の渡りを撮影してきました。
営業開始の9時にリフトで山頂へ。こちらは猪子山とは違い三脚使用OK。山頂は広く、視界を遮る樹木も少ない。トイレも飲み物自販機も山頂にある。

↓ 山頂からオオワシで有名な山本山方面を望む。

Sdscf2502
↓ 撮影データ 9月25日 9:28 1/1000s ISO640
サシバ。

Sdscf2409001
↓ 撮影データ 同日 12:48 1/4000s ISO1000
ハチクマ。

Sdscf2600001
↓ 撮影データ 同日 13:00 1/1000s ISO200
鷹待ちの間に飛来したエゾビタキ。

Sdscf2648001
↓ 撮影データ 同日 13:32 1/1000s ISO500
エゾビタキ。

Sdscf2722001

(107) サシバ Grey-faced buzzard

雨模様の天候が続いたあとの今朝、鷹の渡りを撮影してみました。
9時過ぎに6羽が旋回しながらの上昇、小さな鷹柱状態に。
BORGマニュアルでのピント合わせの歩留りの悪いこと。まだまだ修業が足らない。

↓ 撮影データ 9月18日 9:19 1/2000S ISO500 X-T1
胸から腹が縦斑、脇腹が横斑なのでサシバ幼鳥と思われる。
Sxt110086001
↓ 撮影データ 同日 11:00 1/2000S ISO1000 X-T1
全体が横斑なので成鳥。Sxt110167001