1どんぶり金魚 アオアシシギ アオゲラ アオジ アオバト アカウソ アカエリヒレアシシギ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アトリ アマサギ アメリカヒドリ アリスイ イカル イカルチドリ イスカ イソシギ イソヒヨドリ イタチ イヌワシ ウグイス ウズラシギ ウソ ウミアイサ エゾビタキ エナガ オオアカゲラ オオカラモズ オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオバン オオヒシクイ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オシドリ オジロトウネン カイツブリ カケス カシラダカ カワアイサ カワウ カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キンクロハジロ クイナ クサシギ クロジ クロツグミ ケアシノスリ ケリ コアオアシシギ コウノトリ コガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コジュケイ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コミミズク コムクドリ コヨシキリ ゴイサギ ササゴイ サシバ サメビタキ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シジュウカラガン シメ ショウドウツバメ シロチドリ シロハラ ジシギ ジョウビタキ スグロカモメ スズガモ スズメ スーパームーン セイタカシギ セグロカモメ セグロセキレイ セッカ センダイムシクイ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タマシギ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツルシギ トウネン トビ トモエガモ トラツグミ トンボ ニュウナイスズメ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハクビシン ハシビロガモ ハジロカイツブリ ハチクマ ハマシギ ハヤブサ ヒガラ ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒュウヒ ヒヨドリ ビンズイ フィルムシュミレーション フイルムシミュレーション ブッポウソウ ヘラサギ ベニマシコ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシムクドリ ホトトギス マガモ マガン マヒワ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミヤコドリ ミヤマホウジロ ムギマキ ムクドリ ムナグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤイロチョウ ヤブサメ ヤマガラ ヤマセミ ヤマドリ ユキホウジロ ユリカモメ ヨシガモ リス ルリビタキ 二ホンノウサギ 動物 撮影機材 昆虫 花火 識別不能 鷹の渡り

X-T2のダイナミックレンジをサンコウチョウで試す

2017/06/10 22:11
X-T2はダイナミックレンジを100%、200%、400%に変更できます。いつもは100%固定で撮影していますが、今日は設定を変えて撮り比べをしてみました。 共通の撮影データ 6月10日 13:35 1/60s ISO2000、ホワイトバランス:曇天日陰、フイルムシミュレーション:PROVIA、トリミング無し。 背景の白飛びした部分の違いに注目してください。 ↓ ダイナミックレンジを100%に設定 ↓ ダイナミックレンジを200%に設定 ↓ ダイナミ..

続きを読む

X-T2のフィルムシュミレーションをオオヨシキリで試す

2017/06/02 16:55
富士フィルムのデジカメの特徴であるフイルムシミュレーションをヨシ原のオオヨシキリで試してみました。鮮やかさ、くすみ具合などヨシの緑色の違いに注目してください。 以下の画像はすべてJPEG撮って出し、トリミング無し。 富士フィルムのHPからの引用ですが、 フィルムを長年作ってきた当社ならではの、豊かな色再現性と階調表現をフィルム取り替える感覚で設定できる機能です。カラーリバーサルフィルムを再現した「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」、渋みのある「CLASSIC ..

続きを読む

X-T2 フイルムシミュレーションをオオアカゲラで試す

2017/03/09 22:26
オオアカゲラが同じ姿勢でおりましたのでフイルムシミュレーションを変えて色の変化を確認してみました。 撮影条件は シャッタースピードを1/30Sに固定、ISO感度はAUTOに設定し、ISO1000の画像を選択。WBは日蔭。RAWではなくJPEG撮って出し、トリミング無し。 微妙な色の違いを見てください。 ↓ PROVIA ↓ Velvia ↓ ASTIA ↓クラシッククローム ↓ PRO Neg. Hi ↓ PRO Neg.Std

続きを読む

X-T2の高感度ノイズと解像感の比較をコゲラとキビタキで試す

2016/10/23 22:12
X-T2を導入して1か月半。コゲラとキビタキが同じ所に長くとどまっていたのでISO感度を変化させ、高感度ノイズの出かたと解像感を比較してみました。使用レンズはBORG 89ED (焦点距離600mm F6.7)X-T2の設定は ISO感度はオートに設定、シャッタースピードを変化させる WBはオート、シャープネスは+4(最強)、ノイズリダクションは-2(弱) ダイナミックレンジは100%、フイルムシミュレーションはPROVIA 羽毛のくっきり感や背景のザラツキ感の違いに注目。..

続きを読む

X-T1 フイルムシミュレーションをイソヒヨドリで試す

2016/03/14 21:18
イソヒヨドリのメスが同じところに長くいたものですからX-T1のフイルムシミュレーションを試してみました。カメラの設定は シャッタースピードを1/250Sに固定、ISO感度はAUTOに設定。WBは日蔭。コンクリート、赤い塗料、錆びたところ、背景のボケなどの色合いに注目。 ↓ 撮影データ PROVIA ISO250 1/250S↓ 撮影データ Velvia ISO320 1/250S↓ 撮影データ ASTIA ISO320 1/250S↓ 撮影データ PRO Neg. Std ..

続きを読む

X-T1のフイルムシミュレーションをカワセミで試す

2016/03/05 21:18
X-T1はフイルムを選ぶかのように好みの色設定を使い分けるフイルムシミュレーションが特徴。カワセミが2分ほど同じところに止まりましたので、このフイルムシミュレーションを試してみました。以下の画像はすべて WB晴れ、シャッタースピード1/500S、ISO500、ダイナミックレンジ100%、電子シャッターで撮影。背景にある草の緑色と枯れ草の茶色、カワセミの青色、腹部の黄色などの違いに注目。 ↓ PROVIA/スタンダード↓ Velvia/ビビッド↓ ASTIA/ソフト↓ クラッ..

続きを読む

もっと見る